2019-06

スポンサーリンク
ホーム

夏子の酒物語その9    兄が残してくれた大切なものとは?

この通夜の席に「杜氏のじっちゃん」 がいない事に気付き、夏子は探しに いきます。 やはりというのかじっちゃんは酒蔵の 天井部屋にいて、松尾様の前で背中を 丸めて座っていたのを夏子が見つけ ます。
ホーム

夏子の酒物語その8      兄を悼むはずの席で💧

兄の葬儀のために実家に戻る夏子、 跡継ぎをなくした実家の佐伯酒造に 跡取り問題が出て来ました。 その事で、通夜の席で一悶着があり 夏子の心は休まりませんでした
ホーム

夏子の酒物語その7  兄との思い出😭

夏子への才能を認めている原田は なんとか、もういちど夏子にやる気を 戻させようと必死に説得します。 そして夏子に、自分の広告が全国紙に 載る事を電話で報告しろといって別れる。 原田の自分を認めてくれる情熱に少し 気持ちを開きつつある夏子でした。
ホーム

さらに深くヴィヴァルディの世界へ     バロックへの招待その3

今回もヴィヴァルディの名曲特集です 二つ目の曲は、一つ目の曲のアダージョの パートだけの分です あとの2曲もなかなか聴かせてくれると思いますよー
ホーム

夏子の酒物語その6    夏子に説教する上司「原田の熱意!」

納得のいかない夏子を説得しようと上司 の原田は試みるが、なかなか気持ちの 晴れない夏子を見て、奥の手なのか、 全国区の大手新聞社の印刷の現場に 連れて行き、夏子の書いたコピーが 活字になって出て来た新聞広告を 束になって渡す。
ホーム

夏子の酒物語その5   仕事に疑問を持ち始める夏子

そして大企業のまずくて雑な造りの 酒を、宣伝するのは、まだいいと しても、酒の品質についても説明 しようとはしない、大企業のごまかし の、広告戦略に大いに疑問を感じます。
スポンサーリンク