感涙!村田諒太選手王座奪還  これが男!魂のボクシングを観た!

ホーム

いやもう感動したのなんのって、
年齢33歳ですよ、王座陥落して、
負けた相手にもう一度リベンジマッチ
して、ほとんど勝つケースがなかった
のですよ。
これまで、王座奪われた相手ともう一度
再戦して勝てたのは、過去12回あった
うちのたった3回、そのうちの2回は
なんと44年前と45年前に、不屈の
チャンピオンの輪島功一選手が2回
成功させただけで、以降43年間に
9回再戦が行われて、たった一回
徳山選手が12回判定勝ちで勝った
だけであとは全敗です。
徳山選手は軽量級の選手なので、実は
パンチ力の関係で、日本では重量級と
されるミドル級の村田選手とは、パンチ
のダメージが比べ物になりません。
あの年齢でこれまでに食らったパンチ
によるダメージの蓄積は相当なもの
です。
また今度も同じだけパンチを食らえば
命だって危ない階級です。
村田選手といえば、オリンピックで
金メダルを獲った人ですよ、しかも華も
あるし、雄弁で気さくなイメージで、
テレビ受けもいい、奥さんも綺麗👍
これで、どーやったらまたハングリー
精神を発揮してプロの道を選ぶのだろう。
いやボクシングの場合、アマとプロでは
レベルは同じでも、全然タイプが違うの
です。
とても難しい転身だったのは誰の目にも
明らかでした。
でも彼は、とてつもない努力で、プロの
世界に適応して、王者にまでなった!
凄い、しかも日本人でミドル級王者になった
のは村田選手以外にたった一人だけ、
竹原慎二選手が24年前に王者になっていた
その時だけです。しかも彼は防衛を1度も
出来ずに引退しましたが、村田選手は防衛を
一度して、さらに今回王座に再び返り咲く
という離れ業をやってのけているのです。
まさに日本が世界に誇るボクシング界の
至宝といってもいいでしょう。

さて今回周囲の心配をよそに彼は、前回の
判定に疑問が残る事もあって、
「今回はKOを狙っていきます、少なくとも
完全に相手を倒したとわかる試合をします」
とコメントしていた通り、もう最初から
決めるつもりで試合に臨んだのが、よく
わかりました。
入場の時、これまで、にこやかにリラックス
して、入ってくるのが常だったのですが、
今回はほぼにこりともせず、完全にやる氣に
満ちた表情でした。
対する現王者ロブ・ブラント選手は、余裕
しゃくしゃくの笑みを見せながら、ゴング
を待っています。一見村田選手に余裕がない
ようにも、見えたので心配していましたが、
第1ラウンドのゴングが鳴ると、彼は
とにかくどんどん攻めていきました。
かつてないほどの本気です。これまで
プレッシャーをかけながら前に出て、相手
が打ってきたところを、対応してパンチを
出していくという彼のスタイルから、
今回は自分から仕掛けていくスタイルに
変えたようです。
しかしスピードの方は前回同様、相手の
ブランドの方が上でした。
第1ラウンドでは、彼のジャブの方が
速く的確に村田選手の顔面を捉えていきます。
観ている人たちは、ちょっと危ないかもと
思ったはずです。
でもそれ以上に打たれても打たれても
前に出て、少しずつパンチが当たるように
なると、もうそんな心配はどこへやら、
日本人の観客の応援は、熱狂的なものに
変わっていきました。
彼のの中に男を観たのだと思います。
私も彼の魂のボクシングが見えたような
気がしました。

第2ラウンドに入ると、村田選手は、練習
の成果なのか、ボディを混ぜながら、
多彩な攻撃に切り替えます、セコンドの指示
も的確なのでしょう。
そのボディが当たり始め、相手の動きも
鈍ってきました。これは解説の元王者の
長谷川選手か、現王者の井上尚弥選手の
どちらかが、いってたのでわかった事です。
「ボディいいですよ、後から必ず効いて
きますからねー」とコメントしてるのを
聴いてから、まもなく、本当にブラント
選手の動きが鈍りはじめます。
普通そんなにすぐに効かないものなの
でしょうが、村田選手のパンチがそれ
だけ強烈だという事なのでしょう。
そしてとうとうガードをはじくくらいの
勢いで打ってくる村田選手のパンチが、
少しずつ当たり始めます。
観客もみんな、絶叫を始めます。私も
背筋にぞくっとくるものを感じました。
まさかのチャンスです👍
そして村田選手は、相手に息を整える
暇を与えません。
これはやはり、これまでの村田選手の
経験がものをいったのでしょう。
チャンスとみたら、絶対に逃しません。
どんどんラッシュしていきます。
しかもやみくもに打つだけでなく、的確
に相手との距離をとりながら、ガードも
しながら、どんどん相手の心を追い詰めて
いくのが、手に取るようにわかりました。
「いけっ、村田ーこのチャンスを
のがすなあーーー」
これは日本のファン全員の気持ちだと思い
ます。

そしてとうとう相手は倒れました。
しかしすぐにブラント選手は、立ち上がり
ました。まだまだ余力を残しているよう
です。立ち上がったブラント選手の顔には
まだ笑みがあります。余裕なのか?
しかし、心なしかその笑顔は無理している
かのようです。
笑顔が消えたら、余計にチャンスだと
村田選手に思われるだろうと思ったから
かもしれません。しかし村田選手は、
そんな事おかまいなしです。体力の事
など気にせず、自分の全てのエネルギーを
このチャンスにぶつけようとしているかの
ようでした。相手が回復してきたら、自分
がその立場になるかも知れない。相手を
倒すのは今しかないと思ったのかも知れま
せん。ここからさらに猛ラッシュを始め
ます。
まだ少しショックが残っていたブラント選手
は落ち着く間もなく、防戦一方です。それ
でもこのラウンド、とにかくかわしきれ
たら、次のラウンドから、また巻き返せる
とは信じていたと思います。
実際村田選手のこのラウンドのラッシュは
彼自身の疲労を大きく蓄積する事になり、
後半バテて、逆に動きが鈍るのは間違い
なかったからです。
そんな事は村田選手は、よーくわかって
いました。体力勝負では5年も若い
ブラントに分があるのは、明らかなの
で、体力のぺース配分はとても大事
だったのです。
しかし、それでも村田選手は、どんどん
パンチを繰り出していきました。
そして見事にかわすだけの相手にパンチを
当てていったのです。
これは村田選手の賭けが成功したという事
を意味します。最後に見事な右ストレート
が、ブラントの顔面を直撃し、意識が朦朧
としだしたのをレフェリーは見逃しません
でした、もはや命さえ危険な状態になると
判断したのです。

やりました、レフェリーが止めた瞬間、
会場中が地鳴りのような、ものすごい
大歓声に包まれたのです。
私も全身が感動の震えに包まれたのを感じ
ました。
「やった、村田選手、本当に相手を倒した
よ。倒しちゃったよーー!」
もう感激のあまり自分も涙が目に溢れて
くるのを感じました。
いやー本当におめでとう、そして
ありがとう村田諒太選手😭

この後試合後のインタビューでラウンド
ガールまで泣いていました。
こんな事なかなかないです。
それだけ観るものを感動させずには
おれなかった、村田選手の魂のボクシング
でしたー!
さて彼は、しかし、弁も立ちます、華も
あります、この試合後のインタビューも
彼の凄さがいくらでも、出て来ます。
それはまた次回の記事にという事で
(^^)/

そのもの凄い試合は下の動画
で存分に楽しめますよー(^^)/

【村田諒太】WBA世界ミドル級王座奪還 ロブブラントに2回TKO勝ち 試合結果 動画 インタビュー ラウンドガール【井上尚弥】

【村田諒太】WBA世界ミドル級王座奪還
ロブブラントに2回TKO勝ち 試合結果
動画 インタビュー ラウンドガール
【井上尚弥】

いやーしばらく酒がうまいわーー
そんな方にはこの本物の純米酒を
どうぞー(^^)/

清酒発祥の地の石碑が建つ奈良の菩提寺
で室町時代より伝わる「菩提元づくり」
通称「水元」で醸し、絶品の旨味にしたて
あげた「花巴」あんみんも飲んでおり
ます👍

花巴 水もと純米 無濾過生原酒 720ML美吉野醸造株式会社(奈良県吉野町)

価格:1,512円
(2019/7/5 15:08時点)
感想(1件)

花巴 山廃純米吟醸 うすにごり生原酒 720ML美吉野醸造株式会社(奈良県吉野町)

価格:1,458円
(2019/7/7 06:13時点)
感想(0件)

そうそうこのブログの応援もよろしく
ですー(^^)/
このブログ、スポーツだけじゃなく、
神秘や健康、音楽などとにかく
バラバラなので、ジャンルがなかなか
決まらずにいましたが、
あんみんといえば神秘という事で
この哲学・思想というのが一番近いかも
と思いこのカテゴリーにしましたー(^^)/
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

ホームスポーツ
スポンサーリンク
あんみんをフォローする
無為あんみん〜天衣無法ブログ〜

コメント