埋もれさせてはいけない名作曲家    バロックへの招待その4

ホーム
あんみん
あんみん

「いやー今回はもったいない、
このとっておきのバロックの巨匠のCD
丸ごと紹介なんて、本当にもったいない」

 

なおみん
なおみん

「何よーそんなに凄い作曲家なの?
え?誰バッハ?モーツァルト?」

あんみん
あんみん

「それが日本じゃ全くの無名の
作曲家なんだ💦」

なおみん
なおみん

「なんという名前?」

あんみん
あんみん

「E.Fダッラーバコさんという
人だよ」

なおみん
なおみん

「えーーそんな人きっと誰も知らない
わよーー」

あんみん
あんみん

「ところが、それが本当に凄い曲ばっか
なんだ、とにかく聴いてみてよ」

なおみん
なおみん

「あーーわかったわかった、ちらっと
だけならね」

なおみん、聴き始めてみる。

あんみん
あんみん

「・・・どう?」

なおみん
なおみん

「えーーこれ凄いーー、ずっと聴いて
いたいーー」

あんみん
あんみん

「だろーー」

今二人がウワサしてたのが
下の動画でーす(*´▽`*)

ダッラーバコさんの事をちゃんと紹介して
おきますね。
バロック時代の巨匠は、ヴィヴァルディや
アルビノーニやバッハ以外にもたくさん
います。
ほとんど知られていないけど、すごい
いい曲をつくった人もかなりいます。
その中の一人で、日本ではほとんど
知られていない凄い人物ダッラーバコ
(E.F.Dall’Abaco)さんの
名曲集を紹介しますね。全ての曲が
二重丸の作品です。丸ごと
どうぞー(^^)/もちろん毎回
一曲(3パート)くらい聴くのでも
いいと思いますよー。とにかく
聴きやすい。明るい。そして豊かな
旋律とゴージャスな和音、全てが
完成形といえます。

 

E.F. Dall'Abaco: 12 Concerti à più Istrumenti, Op.VI [Il Tempio Armonico]

E.F. Dall’Abaco: 12 Concerti
à più Istrumenti,
Op.VI [Il Tempio Armonico]

さてバロック音楽を聴きながらワインと
チーズもありだとは思いますが、
ワインと同じく甘くそして酸味も
さわやかさもありながら、最後に
旨味までという事になるとやはり
下の花巴でしょーー(^^)

清酒発祥の地の石碑が建つ奈良の菩提寺
で室町時代より伝わる「菩提元づくり」
通称「水元」で醸し、絶品の旨味にしたて
あげた「花巴」あんみんも飲んでおり
ます👍

花巴 水もと純米 無濾過生原酒 720ML美吉野醸造株式会社(奈良県吉野町)

価格:1,512円
(2019/7/5 15:08時点)
感想(1件)

花巴 山廃純米吟醸 うすにごり生原酒 720ML美吉野醸造株式会社(奈良県吉野町)

価格:1,458円
(2019/7/7 06:13時点)
感想(0件)

そうそうこのブログの応援もよろしく
ですー(^^)/
このブログ、スポーツだけじゃなく、
神秘や健康、音楽などとにかく
バラバラなので、ジャンルがなかなか
決まらずにいましたが、
あんみんといえば神秘という事で
この哲学・思想というのが一番近いかも
と思いこのカテゴリーにしましたー(^^)/
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

ホーム音楽
スポンサーリンク
あんみんをフォローする
無為あんみん〜天衣無法ブログ〜

コメント