プラズマと超常現象   プラズマは時空を越える!?

ホーム
なおみん
なおみん

なかなか返事ないから、出かけてんの
かなーと思ったらいるじゃないのよー
返事くらいしなさいよー

あんみん
あんみん

い、いや寝てたかな?

なおみん
なおみん

ははーん、私が難しい質問ばっかり
するから居留守使おうとしたのねー

あんみん
あんみん

ギクッ、やべー図星だ

あんみん
あんみん

そ、そんな事あるわけない
じゃないかー

なおみん
なおみん

まあ、いいわ、今回は簡単な質問だから
安心してね

あんみん
あんみん

ほほーじゃどんな質問かいってみなー

なおみん
なおみん

えーとねー、大槻教授っていう人が
人魂とかいわれる火の玉現象は、
プラズマだっていうのよー
そして
「魂などない、オカルトなんて嘘っぱちだ」
なんていうのよー
で本当は、どうなのー?

あんみん
あんみん

ははーん確かに簡単な質問だなー
答えは簡単さ、火の玉は確かにプラズマ
だよ、でもだからこそ超常現象は確かに
存在するのさ

なおみん
なおみん

えーどういう事よー

あんみん
あんみん

だから俺たちの目に見える現実のもと
となるのがプラズマっていったろ?
そのプラズマがちょうど、目に見える
次元と、目に見えない次元とをつなぐ
ゲートの役割をしてるからなんだ

なおみん
なおみん

なーるほど、それならよーくわかる
わー
やっぱり頭ガチガチの教授は、わかって
ないわねー

あんみん
あんみん

いやいや公式の科学界やそれを後押し
するマスコミや教育界は、大槻教授を
肯定するだろーね。
でも真実を知ろうとする俺たちの目は
ごまかせないってことさー

なおみん
なおみん

でどーやったらその証明ができるのー

あんみん
あんみん

そーだねーこれも簡単、超常現象が目撃
される時には、プラズマ現象が付録の
ようについてまわるのがその証拠さー

なおみん
なおみん

ほほーそれは決定的ねーじゃあその
証拠とやらを見せてもらおうじゃ
ないのーー

あんみん
あんみん

おやすい御用さ、ついでに先に説明して
おくけど、プラズマというのは俺たちの
目に現象として現れる時は、先ほどの
火の玉のような光だったり、雷などの
放電現象だったり、また水もプラズマ
だから、雲や霧なんかもプラズマなん
だよ

なおみん
なおみん

へーーそれがプラズマ現象というわけね
わかったわ

あんみん
あんみん

では下の実例を見てごらん

さて東日本大震災での地震、津波、
原発事故後の電磁界異常による超常現象
についての引用です。

”昨年3月11日に東北地方・太平洋岸で
発生した未曾有の巨大地震と大津波。
そしてさらに、続けて起きた福島第1原発の
メルトダウン、放射能放出事故―。誰もが
衝撃と混乱の只中に巻き込まれていた
その時、被災地のど真ん中で、信じがたい
超常現象が発生していたという情報がある。
津波が引いた後の瓦礫の街で、
“時間を超えた”としか思えない体験者の
報告が寄せられているというのである。
大地震・大津波を起こした地球の
エネルギーと、原発のメルトダウンは、
ひょっとしたら科学者の予想をはるかに
上回る、想定外の現象を引き起こして
しまったのかもしれない―。
東日本大震災の被災地で“時空の揺らぎ
”現象が起きていた
昨年9月に、アメリカの超常現象誌
『アトランティス・ライジング』
2011年9・10月号に掲載された英文の
取材レポートがある。
そこには日本の女流物理学者―
今井理佐教授(仮名)が、震災直後の
被災地で自ら実地調査した自らの物理理論
を裏付けるという異常な超常現象が報告
されている。
東京在住の物理学者・今井理佐教授は、
東日本大震災の際に、多数の日本人が
時空連続体の基本構造に発生した
“時間の遅れの波紋”を体験したと主張する。
今井教授が被災地で現場調査を行った
ところによると、「3.11」震災直後、
宮城県仙台近郊の海岸地帯の被災地で、
「時間を超えた」、あるいは時空の揺らぎを
体験した―という被災者が実は多く存在して
いるというのだ。その一つの事例はこうで
ある。
―仙台市近郊の沿岸部が津波に全てを押し
流された数日後、被災地の現状を調べ、
また行方不明になった家族を捜す目的で、
避難した被災者の一団が、ワゴン車で被災の
現場に戻ってきた時にその現象は起きた。
小道を走っていたワゴン車は突然、
異様な形をした“雲”のようなものに突入
した。
真っ昼間だったが、雲はかすかに光って
いて、車が進むにつれて長く伸びながら
包み込むように見えたという。その間、
数瞬間、ドライバーも含めて同じクルマに
乗り合わせた全員が、クルマの両側に昔
懐かしい古風な村落の風景や人間を目撃
したのだ。
ただ、それは昔は昔でも、どこか
ひどくちぐはぐで、違和感を感じさせる
奇妙な景色だった。
体験者の一人で避難者グループに
付き添っていた警防団員、中村東治氏の証言
によれば、古い写真でよく見るような英国の
ビクトリア王朝時代と、日本の江戸時代を
ミックスしたようなへんてこな光景で、
シルクハットの紳士たちと顔をペイントした
着物姿の娘たちが腕を組んで歩いているかと
思えば、向こうでは伝統的な侍姿のいかつい
男たちが闊歩していたという。
「一瞬、映画の撮影現場に間違って
迷い込んだのかと思ったほどだったが、
被災現場を撮影する人はいても、こんな
時期にこんな場所で、時代劇みたいな
映画を撮っているはずはないし―」
中村氏とグループ一行の主張では、
景色は不安定に揺らめいてはいたが、
確かに昔の家屋が立ち並び、人々が生き生き
と動き回っている村か町の光景だったと
いう。
さらにハンドルを握ったまま呆然として
しまったという政府機関員A氏
(保安上の理由で匿名)は、続けてこう
証言した。
「1分かそこら車が進むうちに、
あの奇怪な“雲”が消えた途端、
まるで瓦礫に乗り上げたようなショックを
車体に感じた。次の瞬間、周りの“幽霊
じみた世界”が、元通りの見慣れた世界に
戻っていた―」
他にも何人もの被災者が、封建時代から
1940年代とおぼしい時代までの歴史
世界、ないしは時間軸が微妙に異なる
パラレルワールド的別世界の光景を
、時空を超えて垣間見たという報告が
あるという。ほとんどの事例は、上記の
被災者グループの集団体験よりもずっと
短時間、“過去”を覗き見した瞬間的タイム
スリップに過ぎないが、今井教授の調査報告
の中で最も特筆すべき特異なケースは、
被災男性が一人、妻の目の前で“時空の穴”に
消えてしまったという驚くべき事件だ。
震災4日目の3月15日、藤原淳子さん
(仮名)は、夫の久和氏がほんの一瞬間だけ
目の前に開いた“時空の穴”に吸い込まれるの
を見て、恐怖の悲鳴を上げた。夫人の証言
では、“時空の穴”が閉じた時、落雷のような
音が響きわたったという。その後、その男性
の行方は全く分からない。
今井教授は、この事例に関連があるかも
しれない後日談を一つ付け加えている。
教授の知人という東京警視庁の刑事B氏
(匿名)から得られた情報によると、全く
同姓同名(藤原久和)を名乗る男が、
1981年当時、B氏の勤務する所轄署に
駆け込んだという。男が話したところでは、
“時空の穴”を通って最初は1960年代に
出たが、再び“時空の穴”に吸い込まれたら、
今度は現代(当時)の1981年3月15日に
出現したという。B氏が名前と日付をはっきり
覚えているのは、ちょうどその日が、B氏の
新人警官としての初出勤日だったからだそうだ。
その後、その男がどうなったかは不明だ。
今井教授は、男がB氏の前に現れた年月日が、
東日本大震災で被災した同姓同名の男が、妻の
目の前で消えた年月日のきっかり30年前という
事実から、両者の姓名の一致は偶然ではなく、
完全に同一人物か、あるいはパラレルワー
のいずれかから“時空転移”してきた
別バージョンの当人だろうと推測している。”
”出典:宇宙NEWS LETTER 2012
「3.11とタイムスリップゾーン」

あんみん
あんみん

な、この最初のタイムトラベルの
よーな不思議な超常現象は、最初
光る雲のようなところに突入して
起こっただろ?

なおみん
なおみん

ほほー確かにー、それにその後
時空の穴に吸い込まれた男性の時も
落雷の音が響き渡ったわけだしねー

あんみん
あんみん

そうそう、光る雲も落雷も確かな
プラズマ現象とわかるもんなー

なおみん
なおみん

まあでもお兄ちゃんがこれだけ自信満々
なんだから、まだまだ証拠はあるん
でしょう

あんみん
あんみん

そりゃーもうその証拠だらけさー

なおみん
なおみん

じゃあどんどん聴かせてもらうわねー

あんみん
あんみん

そうだな!
というわけで次回もお楽しみにーー

そうそうこのブログの応援もよろしく
ですー(^^)/
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

清酒発祥の地の石碑が建つ奈良の菩提寺
で室町時代より伝わる「菩提元づくり」
通称「水元」で醸し、絶品の旨味にしたて
あげた「花巴」あんみんも飲んでおり
ます👍

花巴 水もと純米 無濾過生原酒 720ML美吉野醸造株式会社(奈良県吉野町)

価格:1,512円
(2019/7/5 15:08時点)
感想(1件)

花巴 山廃純米吟醸 うすにごり生原酒 720ML美吉野醸造株式会社(奈良県吉野町)

価格:1,458円
(2019/7/7 06:13時点)
感想(0件)

ホーム神秘編
スポンサーリンク
あんみんをフォローする
無為あんみん〜天衣無法ブログ〜

コメント