あんみんのプチ超常体験   明晰夢その2

ホーム
なおみん
なおみん

「あきれた」

 

あんみん
あんみん

「へ?」

 

なおみん
なおみん

「いちいち怒らせないの!その
パターンは、何度も使えないわよ!」

 

あんみん
あんみん

「で、何にあきれておられるのですか、
わが妹ぎみは(^_^;)」

 

なおみん
なおみん

「ややこしい言い方してもだめよ!
あのね、前回の記事をみんな読んで
くださったのは、いいけど、それだったら
私いつでも見てるとか、オレもとか、
みなさんいってたじゃない。第一お兄ちゃん
のような凡人が、超常体験なんて、100
万年早いわよ!」

 

あんみん
あんみん

「じゃあ、100万年後だったらいいの
かよ」

 

なおみん
なおみん

「だから、それが凡人の発想だというのよ!
明晰夢程度の事で、うれしそうに記事に
しないでくれる?私が恥ずかしいんだから」

 

あんみん
あんみん

「だったら出なきゃいいじゃんか!」

 

なおみん
なおみん

「いや、ま、まあ、とにかく少しは、珍しい
のやってよ」

 

あんみん
あんみん

「はいはいーっと」

前回、あんみんのプチ超常体験で、明晰夢
を体験したという話をご紹介しました。
今回は、その続きという事です。

まずは、明晰夢とはそもそもどんなもの
なのか、よく説明してくれているサイト
から引用させていただきます。

“明晰夢(めいせきむ)とは、夢の中で
それが夢と気づき、夢を意図的に
コントロールできるようになる夢のこと
です。
普段私たちが見ている夢では、なんとなく
風景がぼやけていたり色んな部分が曖昧
だったりしますが、明晰夢になった途端に
夢が現実と全く同じレベルのリアルさに
なり、視覚、感覚、聴覚、味覚、臭覚を
体感できるようになります。

これは、夢の中で「これは夢だ」と
気づいたときに人間の脳は覚醒モードに
切り替わるからです。それまでは脳の
自己意識が停止しているので夢がぼやけて
いますが、明晰夢では脳がしっかり
目覚めてくれるのです。”

“出典:「明晰夢.com」様
明晰夢とは?」より”

とてもわかりやすいですね。ただこちらの
方は、この後続けて、「頭の中で覚醒して
いるだけで、物理的に体外離脱をしている
わけではありません。」とおっしゃって
ますが、私は神秘のあんみん!で意識は
脳の中に収まっているのでしない、と再三
に渡って説明しています。

例えば良い例なのが、左脳の出血により、
右脳だけの機能だけの働きになったという
ジル・ボルト・テイラー博士は、その時の
自分は肉体の中に収まっておらず、上空
を漂う巨大なクジラとして認識され、
自分が下方に見えている、とても小さな
身体に、再び収まるなんてとても無理
だと思ったと証言しています。
くわしくは右脳の驚異の力その2
ご覧ください。

このように、私たちの意識が、脳の中に
あるというのは、左脳によってされる
解釈でしかなく実際には意識は身体の
中に収まらず、空間にひろがっている
ものだという見方が正しいという事なの
です。

20年間も体外離脱体験をし続けていた
というウィリアム・ブールマン氏も、
多くの夢が体外離脱体験をしている状態
でもあるという事を証言しておられて、
よく私たちが目覚める瞬間に、どこか
から落ちるような夢を見る事があると
思うけれど、それは体外離脱体験を
している証拠でもあるという事なのです。
事実私は何度も、落ちる瞬間に目覚める
という夢をたくさん経験していて、
つまりは体外離脱体験をよくしてたいた
のだと思っています。

しかもこのブールマン氏も体外離脱を
する時は、睡眠と睡眠の間に行うのが
とても効果的で、脳波が低いその状態
で、体外離脱をする事がほとんどだそう
ですが、その意識状態と明晰夢は非常に
よく似通っているという事です。
しかももちろん睡眠中にそのまま体外
離脱をしてしまっていたという体験例も
数多くあり、意識状態的には、ほぼ同じ
と見てかまわないと思います。

私は近年体外離脱を二回経験しています
が、そのどちらも寝ている状態から
のものでした。

この明晰夢は、しかし夢の中で自在に
現実を変えられるというメリットが
あります。好きなシナリオを思い
描いたように体験できるという事です。
若い人は、エッチな事を体験しようと
したり、あちこち飛び回ったりでき
たり、好きな食べ物を食べたりと自在
らしいので楽しいものだという事です。
私も、部屋の中を自在に飛び回れると
いう明晰夢を一度見た事があります。

 

それはこの間、話した明晰夢から2週間
ほど経った、2017年3/23の朝
3時10分~ 4時10分に起こった
事です。見知らぬ部屋で、中空にいる
自分を知り、これはまさに夢の中だと
気付いたのです。
これは前回の明晰夢からあまり時間
が経っていないため、気付けるように
意識が慣れていたのだと思います。
そこで私は、これだったら、自在に
飛び回る事なんて、わけもない事
やんかと思い、実際にあちこち飛び
回る事ができたのです。
一応壁にぶつかりそうになった時点で
止まっていましたが、激突したとして
も痛くないだろうという事は容易に
予想がついてました。
たぶんもっと慣れてきたら、壁をすり
抜ける事もできたでしょうが、そう
やって遊んでいるうちに目が覚めて
しまいました。
とにかく明晰夢で、空中を意識的に
飛び回るという体験はできたという事
ですね。
もちろん訓練すれば、長く明晰夢の
中に居続ける事ができて、こんなプチ
体験などのようにケチなものではなく、
もっとずっと楽しい展開になるもの
らしいです。
先ほどの明晰夢.com様にその
説明が詳しく書かれていますので
興味のある方は是非、一度ご覧
いただく事をお薦めします。

ではまた(^^)/

ホーム神秘編
スポンサーリンク
あんみんをフォローする
無為あんみん〜天衣無法ブログ〜

コメント